マンション査定では契約はどのようにすれば

マンション査定

「今の不動産業界の仕組み」や「不動産屋の報酬形態と本音」から、信頼するI社に専任媒介契約で売却を依頼すればいいということは説明しました。

 

しかし、ひとつ気になることが残っています。

 

それは、お願いした不動産屋が、思った通りの「お客様を大切にする不動産屋」ではなかったらどうしよう、という不安です。

 

専任でI社にだけ依頼しているのに動きが悪い、媒介契約を締結する前と後では態度が違う……。

 

こういった事態になったらどうしようかと思うのです。

 

そこで、その不安を吹き飛ばす「不動産屋とのかしこい媒介契約の仕方」についてお話しします。

 

それにはまず、媒介契約の「契約の期間」と「契約の更新」について知ってください。

 

・媒介契約の期間
 媒介契約の期間は、3か月を超えない範囲で任意に設定することができます。

 

 通常、不動産屋と媒介契約を結ぶ場合、この期間の最大である3か月間で契約を締結することがほとんどです。

 

・媒介契約の更新媒介契約の更新は「依頼者から書面にて申し出る必要」があります。

 

媒介契約を不動産屋と締結したものの、思った以上に市場が悪く、契約期間の満了日が近づいてきたという場合、引き続き同じ不動産屋に依頼してマンションを売っていくのであれば、媒介契約を更新しなければいけません。

 

ただし、媒介契約を更新するときは、依頼を受けている不動産屋から依頼者である売主へ「契約期間が満了しますが、同じ条件で更新してもいいですか?」といわれて、依頼者である売主さんが「いいよ」と答えても有効な更新とみなされません。

 

厳密には、依頼者である売主さんが、不動産屋に書面で更新する旨を伝え、そして不動産屋がその内容に了承して、はじめて有効な媒介契約の更新となります。

 

この「期間」と「更新」をうまく使って、安心の媒介契約を不動産屋と締結するのです。

 

その方法とは「初回の媒介契約の期間をIか月とする」ということです。

 

媒介契約の期間は3か月を超えない長さにする必要があります。

 

ですから、それ以下の期間であれば、極端な話「期間―週間の媒介契約」を締結することも可能です。

 

また、更新には売主すなわち媒介契約の依頼者であるあなたからの「書面による更新の意思」が必要であり、不動産屋が勝手に更新できなくなっているのです。

 

よって、まず初回の媒介契約は1か月として、不動産屋の動きを見てみればいいのです。

 

―か月以下の期間も設定できますが、あまりに短いと不動産屋も動きようがありません。

 

やはり最低1か月は必要です。

 

その間「しっかり動いて、お客さんを大切にする不動産屋だ」とわかれば、1か月後の更新で今度は契約の期間を3か月にすればいいのです。

 

対応がよくないと判断すれば、更新しなければいいだけです。

 

だけど、どうやったらそのことをうまく不動産屋に伝えられるのでしょうか。

 

それは簡単です。

 

不動産屋と媒介契約について話をしているときに「今回、媒介契約は、貴社に専任でお願いしたいと思います。しかし私も1社だけに依頼するというリスクを背負います。

 

やはり多少不安なので、申し訳ありませんが初回の媒介契約の期間は1か月間にしてくれませんか。次の更新は3か月でお願いしますから」と話せばいいのです。

 

こう話して、「1か月じゃ無理ですよ」というのか「わかりました。一生懸命やらせていただきます」というのか。

 

その姿から「依頼すべき不動産屋」かどうかがわかります。

 

 

web参考:自宅マンションを売却するなら

 

サイト名 サイト名
SUUMO SUUMO
Yahoo!不動産 Yahoo!不動産
smoola smoola
マンションnavi マンションnavi
いえスター いえスター
Sateiichiba Sateiichiba
イエカレ(旧:PLUS ONE) イエカレ(旧:PLUS ONE)
ユスフル ユスフル
ふじたろう ふじたろう
nifty不動産 nifty不動産
ウチモ ウチモ
不動産査定エージェント 不動産査定エージェント
マイスミEX マイスミEX
不動産売却査定君 不動産売却査定君
いえらぶ不動産売却 いえらぶ不動産売却
OCN不動産 OCN不動産
at home at home
town life town life
ウルーノ(旧:不動産売却ナビゲーション) ウルーノ(旧:不動産売却ナビゲーション)
HOME’S HOME’S
フドーセル.com フドーセル.com
不動産価格.net 不動産価格.net
いえwill いえwill
スマイティ スマイティ
HOME-MASTERS HOME-MASTERS
街角不動産相談所 街角不動産相談所

マンション査定での不動産売却で満足いく結で

マンション,査定

土地を売却する予定の方は、無論可能な限り高値で売りたいと思うはずです。満足な土地売却ができるように、土地を売却する時に覚えておかなければならない点を、予めご提示します。

不動産売買というのは、普通の人にとりましては、分からない事ばかりだと思います。そのような方の事を思って、一軒家やマンションを売買するという売主側の立場になって、概略的な売買手順をご案内させてもらいます。

不動産の査定結果が異なってしまうポイントとして、「不動産会社によりまして不動産査定に対する立ち位置に違いが生まれる」ということが想定されます。

「テレビCMをやっているから」とか、「担当のセールスが真面目だったから」というようなことで、マンション買取業者を決定することはNGです。業者選択をミスりますと、買い取り金額が低く抑えられてしまう可能性があります。

努力するのは当たり前として、運もあることですから、1年近くも待つことはやめて、次の手を考えるのもマンション売却のワザだと考えてください。


取り敢えず、5社前後の不動産業者に家の査定を委任することから踏み出して、その査定結果に基づいて「いくらの値をつけるのか?」などの結論を出すことになります。

本当の売却額は、不動産一括査定サイトでの申し込みに対して示された査定額の1〜2割引き程度だと、世間一般では言われているのです。

ホントに家を売却するというような体験をしますと、WEBサイトを経由して一括査定したり相場を調べてみることは、とっても大切だと感じましたが、不動産業者の担当者の品性が特に重要だと強く思いました。

マンション無料査定と言われているのは、本当に任せても大丈夫のでしょうか?と言うのも、不動産会社はどんなことがあっても仲介業務をこなすだけで、金を出すなんてことは考えられないからです。

当然不動産会社と言えば、個々がよく知っている物件やよく理解している地域がございます。それがあるので、一社ずつ家の査定をしてもらうようでは、時間ばかりが過ぎ去ります。


土地を売却することになっている人が、何とか高い値段で売りたいと考えるのはごく普通の事ではありますが、大抵の方は、この土地売却にて、損を出していると推測できます。

リアルで土地がいくらで売却可能なのかは、売り手と買い手双方の交渉により確定されるはずですが、できるなら土地無料査定を実施して、大雑把な金額をつかんでおくことは重要なことだと考えられます。

実際に不動産売買時には、「お願いをした業者は任せられるだけの力はあるのか?」又は「機敏に動いてもらえるのか?」みたいな問題も念頭に置いておくことが大切です。

不動産売買を締結する時に、場合によりましては仲介手数料無しということがあるわけです。具体的に支払うことが要されることになるのかは、物件の「取引様態」によって決まります。

不動産業界に携わっているプロとしての私が、知らないと損をする情報を紹介することにより、個々人が不動産売却で満足いく結果を得ることができれば大満足だと思っているところです

 

マンション査定で売却完結までが早い

マンション,査定

マンション無料査定というのは、マジに信頼することができるのでしょうか?どうしてかって言えば、不動産会社は何があろうとも仲介業務に徹するのみで、自身がマンションを買い取るなんてことはするはずがないからです。

不動産売買で、他の何よりも注意が必要なのは、売買物件は当たり前ではあるのですが、現実的に言えば、「交渉役の不動産屋さん選択をどうするのかだ。」と公言しても間違いではないくらいです。

売りに出すと結論を出したのならできるだけ早く一歩を踏み出し、気になる問題をクリアすることが必要となります。そんな理由から、信頼感のある不動産業者を見つけ出すことが、土地を売却する時には要されます。

「マンション買取を希望しているということは、至急キャッシュをそろえなければいけない状態だと考えて間違いなし」と、弱みに付け入りながら買取金額を安く見積もる不動産業者も珍しくありません。

家を売却したら、諸費用が求められることを知らないとビックリされるかもしれませんね。とりわけ高いと感じるのは、不動産業者に要求される仲介手数料で、売却代金によりけりですが、その金額の3%以上にもなるのです。


家の査定を実施している不動産専門会社の考え方で、違いが生まれることも多々ありますが、市場データの分析法に違いがあるとか、需給状況の読みに異なりがあるからだと言われています。

即不動産買取をしてもらいたいのなら、専門業者に話を持っていけば、場合によっては、1週間もかからずに代金を振り込んでくれると思います。買い取り候補者を集める必要皆無ですし、価格面で合えば、スピーディーに売却が完結ということです。

土地を売りたいとおっしゃるなら、できれば4〜5社の専門業者に査定をするように依頼して、その査定額を見比べてみる。そのうえで一番高い査定をしたところに土地を売却するようにしたら、100パーセント損をするわけがないのです。

家を売却する場合は、一括査定を頼むことが必須ではないでしょうか!?私のかつての家についても一括査定をやったことで、家の査定額が当初の1464万円から1700万円までジャンプアップしたということを体験済みなのです。

心配をせずにマンションを売るためには、マンション査定に始まって売買契約まで、適正な支援をしてくれる不動産屋を探すことが、一番大切です。


不動産会社が提示してきたマンション売却額は、実際のところは相場の数値にしかならず、絶対にその金額で購入する人が現れるとは言い切れないということをご了承ください。

不動産会社の取捨選択に成功したら、不動産売買は九割方成功だと言われるほどなので、何が何でも様々な不動産会社をウォッチして、信用できる会社を選ぶ必要があります。

高い値段で家を売却するキーポイントは、どんなことをしても3社以上の不動産業者に査定依頼をして、本当に担当者と会ってみて、そのあとに業者を絞ることで間違いありません。売却査定価格に関しましては、不動産業者によって驚くほど違うと断言します。

家を売りたい場合、何はともあれ現在の家・土地の査定額がいくらくらいかを認識することが大事です。ひとつの不動産屋さんだけじゃなく、絶対に5社前後の業者に査定の申し込みをすることが何より大切です。

「不動産買取」と呼ぶのは、見込み客が現れるまで我慢するというのじゃなく、不動産専門会社が直に、売却を望んでいる人から購入する手法なので、売却完結までがあっという間です。

 

更新履歴